わたしは決してあなたをひとりにはしない

主の声に耳を澄ます366日のメッセージ (毎日更新中!)

心に染みこむ言葉、何故なら主は全てを知っているから!                 


イエスからのあなたへ・・・

  聖書を神からの直接のことばとして、語り直したユニークな

聖書日課

10月22日(火)

あなたがどんな状況に置かれていても、わたしのところに来れば喜びを見出せる。

 

あなたは、いろいろな日に遭遇する―。

 

喜びがあなたの人生の旅路におしげもなくふりまかれ、陽光を浴びてきらめいている日がある。

 

そんな日は、満足することは、次の息を吸うように、次の一歩を踏み出すようにたやすい。

 

またある日は、どんよりした曇り空・・・・。あなたは、果てがないように見える旅の重圧を感じている。

 

鈍い灰色の岩があなたの目をとらえ、あなたの足を痛めつける。

 

それでもなお、喜びは手に入れられる。隠れた宝物を求めるようにそれを探しなさい。

 

まず初めに、わたしがこの日を造ったのだということを思い出しなさい。偶然の出来事などでなく―。

 

あなたがわたしの存在を感じていようといまいと、わたしがあなたとともにいることを思い起こして…‥。

 

そして、あなたの心に浮かんだことをなんでもいいから、わたしに話してごらん。

 

わたしはあなたのことを完全に理解し、あなたが経験していることを正確にわかっている—その事実を、喜びなさい。

 

わたしとの心のふれあいを続けていけば、あなたの気持ちはしだいに軽く晴れやかになっていく。

 

わたしというすばらしい道連れを意識することで、どんなに陰鬱な曇り空の日も喜びで満たすことができるのだから…‥。

 

-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:

 

【新改訳2017

 

詩篇21:6

 

あなたはとこしえに彼に祝福を与え御前で喜び楽しませてくださいます。

 

箴言2:4

銀のように、これを探し、隠された宝のように探り出すなら、

 

 

あなたがわたしのもとでずっと変わりなく生きるためには、あなたは反抗的な傾向があることを(あらわ)にし、それを駆逐しなければならない。

 

あなたは、自分の計画や願望を阻むものがあると、阻まれたことに憤慨しやすい。

 

憤りを感じるたびに、そのことを意識するようにしなさい。たとえそれが、ごくささいなことのように思えても―。

 

それらの不愉快な感情を抑えつけてはいけない。それよりも、あなたが処理できるように表面に出すこと―。

 

憤りの感情を意識する機会が増えるように、聖霊にお願いしなさい。

 

それらの憤りを大胆に、わたしの光の中に携えてきなさい。そうすればわたしが取り除いてあげられるから‥‥。

 

反抗心に対する究極の解決方法は、あなたへのわたしの支配力に服従することだ。

 

あなたは、わたしが支配者であることを頭ではわかっていて、喜んでいる。わたしの支配がなかったら、この世界はぞっとするような場所になってしまうからだ。

 

ところが、わたしの支配力に自分の小さな勢力範囲を侵されたとき、あなたは内に秘めておけないほど(いきどお)ることが多い。

 

何かを失ったとき、望みをくじかれたときの最善の反応は、賛美することだ。主は与え、主は奪い去る。主の御名はほむべきかな。

 

すべての良いもの(あなたの財産、あなたの家族や友人、あなたの健康や能力、あなたの時間)は、わたしからの贈り物であることを忘れてはならない。

 

自分にはこれらのすべての恵みを受ける資格があるなどと思わないで、感謝の心で応えなさい。

 

わたしがあなたから取り去ろうとしたら、どんなものでも手放す心の準備をしておきなさい。といっても、わたしの手は決して放してはいけないよ!

 

-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:

 

【新改訳2017

 

詩篇139:23

 

神よ私を探り私の心を知ってください。私を調べ私の思い煩いを知ってください。

 

詩篇139:24

 

私のうちに傷のついた道があるかないかを見て私をとこしえの道に導いてください。

 

Ⅰペテロ5:6

 

ですから、あなたがたは神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神は、ちょうど良い時に、あなたがたを高く上げてくださいます。

 

ヨブ記 1:21NKJV

 

そして言った。「私は裸で母の胎から出て来た。また裸でかしこに帰ろう。【主】は与え、【主】は取られる。【主】の御名はほむべきかな。」

 

 

 


サラ・ヤング 著   

                   佐藤 知津子 訳
                              
 いのちのことば社 出版