救い恵み(すく めぐ  )(あか)しができること、心から(こころ   )感謝(かんしゃ)いたします。

 (わたし)35(35)(さい)(とき )(はじ)めて教会(きょうかい)()きました。当時(とうじ)東洋紡(とうようぼう)社宅(しゃたく)()んでいて友達(ともだち)沢山(たくさん)いて、子供(こども)2(ふた)()いました。()どもたちも友達(ともだち)不足(ふそく)もなく楽しく(たの  )生活(せいかつ)していましたが、どうしてもお母さん( かあ  )同士(どうし)になると子供(こども)(はなし)になって、(いま)若い(わか )お母( かあ)さん(がた)()ていると、「あー(わたし)若い(わか )(とき)(おな)じだなー」と(おも)()します。当時(とうじ)お母さん( かあ  )(がた)と、子供(こども)(こと)ばかり(はな)し合( あ)って、あーでもない、こーでもないって、毎日(まいにち)そう言いながら(い     )明け暮(あ く)れていたんですが、どこそこの小学校(しょうがっこう)心理学(しんりがく)先生(せんせい)講演(こうえん)がある、有名(ゆうめい)お寺( てら)お坊( ぼう)さんの(はなし)がある、大学(だいがく)先生(せんせい)(はなし)がある、と聞けば(き  )()けつけましたが、全部(ぜんぶ)先生(せんせい)たちの答え(こた )(ちが)うので、その(たび)気持ち(きも )(まよ)うようになりました。(わたし)はいったい(だれ)(なに)(しん)じたらいいのか(まよ)うようになって、主人(しゅじん)仕事(しごと)から帰って(かえ  )()たら、そのことを話す(はなす)主人(しゅじん)は「そんなに神経質(しんけいしつ)にならなくてもいいんじゃないの。良い(い )子供(こども)(たち)じゃない。(おや)神経質(しんけいしつ)になったら子供(こども)まで神経質(しんけいしつ)になるから神経質(しんけいしつ)にならんでもいいよ。」と(こた)えてくれるんですが、(わたし)満足(まんぞく)できなくて(なや)んでいました。そんな(とき)郵便受け(ゆうびんうけ)(はる)5(いつ)日間(かかん)伝道(でんどう)集会(しゅうかい)チラシ(ちらし)(はい)っていて、それで教会(きょうかい)一度(いちど)()ってみよう、5(いつ)()(かん)だけ()ってみようと言う(い )思い(おも )教会(きょうかい)()きました。

 

 

 

(となり)(おく)さんがその教会(きょうかい)(かよ)ってらしたんですが、(わたし)はまったくそのことを()りませんでした。その(おく)さんがとっても(よろこ)んでくれて「あんたの(くび)(なわ)でも縛り付けて(しば つ   )()っぱって()きたかってけど、そうはいかんからなー。でも(うれ)しい。」って言って(い  )くれて、教会(きょうかい)一緒(いっしょ)()くようになって、(たの)しかったです。

 

橋本(はしもと)幸雄(ゆきお)先生(せんせい)()てくださって5(いつ)日間(かかん)講演(こうえん)してくださって、とっても(たの)しくて、その5(いつ)日間(かかん)だけねーって傲慢(ごうまん)なことを(おも)っていたんですが、5日(いつか)過ぎて(す  )集会(しゅうかい)出席(しゅっせき)し続け( つづ )ました。(となり)(おく)さんが通って(かよ   )いたと()うこともあったんですが、なんせ(たの)しくて、その(ころ)尾津(おづ)外人(がいじん)住宅(じゅうたく)があって、そこに教会(きょうかい)があったのですが、そこに通い始(かよ はじ)めたら実は(じつ )息子(むすこ)(むすめ)ボーマン(ぼーまん)先生(せんせい)日曜(にちよう)学校(がっこう)(かよ)ってたことを()りました。(わたし)はまったく()らなかったのですが、社宅(しゃたく)(そと)(おお)きな()があって、そのそばで集って(つど  )くる子供(こども)たちにボーマン(ぼーまん)先生(せんせい)お話( はなし)をしてくれたりして、そこに子ども(こ  )たちは()ってたらしいです。わたしが教会(きょうかい)行き始(い はじ)めたら、「元気(げんき)お子( こ)さんは高市(たかいち)さんのお子( こ)さんだったの」って、日曜(にちよう)学校(がっこう)先生(せんせい)がおしゃるくらい()どもたちの(ほう)先輩(せんぱい)だったんですが、そうしている(うち)主人(しゅじん)教会(きょうかい)(かよ)うようになって、家族中(かぞくじゅう)教会(きょうかい)(かよ)うようになりました。社宅(しゃたく)子供(こども)たちがたくさん日曜(にちよう)学校(がっこう)()っていて、本当(ほんとう)にまだ(わたし)たち家族(かぞく)(あさ)ご飯( はん)食べて(た  )いる時間(じかん)でも子供(こども)たちが(あつ)まって()て、バス(ばす)迎え(むか )()てくれるのを()っていました。そして息子(むすこ)6()年生(ねんせい)のころだったと(おも)うのですが、その(ころ)私たち(わたし     )(いえ)集会(しゅうかい)(はじ)めました。その(とき)もたくさんの子ども(こ  )(たち)が、と言って(い  )息子(むすこ)同級生(どうきゅうせい)なんですが、(わたし)は「今度(こんど)はどんなおやつを(つく)ろうかな」と、それも楽しみ(たの   )(ひと)つになりました。

 

 

 

教会(きょうかい)には()きはじめましたが、まだ聖書(せいしょ)(こと)神様(かみさま)(こと)余り(あま )わかっていなかった、でもたくさんの友達(ともだち)教会(きょうかい)(みちび)きました。だから全て(すべ  )理解(りかい)していなくても(よろこ)んでいると、伝道(でんどう)することができるんですよね。

 

 

 

そんなふうに(わたし)は、喜んで(よろこ    )教会(きょうかい)(かよ)っていましたが、説教(せっきょう)終わる(お  )と、その(ころ)毎回(まいかい)恵み(めぐ )御座(みざ)(ひら)かれて、「(いの)りませんか?祈る(いの )(ひと)(まえ)出て(で )(いの)りませんか?」って毎回声(まいかいこえ)()けられる。それが(いや)(いや)でたまらなくて、(となり)(おく)さんに「(わたし)教会(きょうかい)()きだし(たの)しいけど、最後(さいご)(まえ)出て(で )(いの)りませんかって()うの、あれが(いや)でたまらんのだけど。」って()ったら、「あれは()わしときゃいいの。先生(せんせい)はあれを()わないといけないのよ。もし導き(みちび  )をしないで集会(しゅうかい)()わって、その人が教会(きょうかい)から出て(で  )事故(じこ)にでもあったら責任(せきにん)(かん)じるからね。」「あーそうなんだ。」って()(らく)になりました。でも、そんな(わたし)が、ある(とき)(まね)きがなされた(とき)に、スーッ(すーっ)(まえ)出て(で )()くことができたんです。あれだけ()びかけが(いや)だと(おも)っていたのに。(いま)でも(おぼ)えていますが、(ひだり)(ほう)先生(せんせい)たちに(いの)ってもらって、救い(すく )()けたのです。その(とき)(わか)りませんでしたが(いま)(おも)うと、聖霊(せいれい)(さま)がずっと(はたら)いていてくださって、押し出(お だ)してくださったんですね。感謝(かんしゃ)しています。あの(とき)がなかったら(いま)(わたし)はなかったと(おも)うんです。先生(せんせい)(はなし)をし祈って(いの  )もらってる(とき)に、この自然(しぜん)万物(ばんぶつ)造られた(つ    )(かみ)さまがいらっしゃるんだ、と言う(い )お話(  はなし)をされて、私たち(わたし     )人間(にんげん)神様(かみさま)(つく)られた、この()神様(かみさま)創造(そうぞう)された世界(せかい)だと()いて、「あーそうよね。(わたし)(しん)じます。」と()ったら、みんながすごく(よろこ)んでくれて、「おめでとう。高市(たかいち)さんは信じる(しん   )信仰(しんこう)をもったね。」と。(みんな)泣いて(な  )(よろこ)んでくれたんですが、その(とき)(わたし)は、どうして()いて(よろこ)んでくれるのかがわかりませんでした。その(とき)御言葉(みことば)ローマ書(ろーましょ)8()(しょう)16(16)(せつ)です。私たち(わたし  )(かみ)()どもであることは、御霊(みたま)ご自身(  じしん)が、私たち(わたし    )(れい)とともに、あかししてくださっています。」

 

 

 

この聖書(せいしょ)は、(わたし)教会(きょうかい)()ったときにボーマン(ぼーまん)先生(せんせい)からプレゼント(ぷれぜんと)された新約(しんやく)聖書(せいしょ)ですけれども、ここに1968(1968)(ねん)6(ろく)(がつ)9(ここの)()受救(じゅきゅう)ローマ(ろーま)8()(しょう)16(16)(せつ)()してあるので、救われた(すく    )(のち)に、「(わたし)本当(ほんとう)(すく)われたのかなぁ。」とふっと迷う(まよ  )(とき)がありましたが、聖書(せいしょ)(ひら)いては、「(わたし)はあの()救われて(すくわれて)神様(かみさま)()どもにしていただいたのだ。」と御言葉(みことば)によって確信(かくしん)することができました。

 

早天(そうてん)祈祷会(きとうかい)があると聞けば(き  )社宅(しゃたく)から尾津(おづ)まで近かった(ちか    )ので自転車(じてんしゃ)飛ばして(と   )早天(そうてん)祈祷(きとう)(かい)()きましたし、また家庭(かてい)集会(しゅうかい)もよくやりました。そんな(なか)にあっても、(わたし)はまだ(つみ)についてよくわかりませんでした。自分(じぶん)()きてきた(じん)(せい)(なか)で、自分(じぶん)言葉(ことば)(おこな)いにおいて、告白(こくはく)して(ゆる)していただかないといけない(つみ)(かみ)イエス(いえす)(さま))が十字架(じゅうじか)にかかって()(なが)して()んでくださった、それはあなたの(つみ)のためだったんですよと()いても、いまひとつピン(ぴん)ときませんでした。喧嘩(けんか)したらいけないとか、(うそ)ついたらいけないとか()われても、この()人間(にんげん)()きてたらそれくらい当り前(あた まえ)だよね、と。若い(わか )(とき)喧嘩(けんか)もしたし、色々(いろいろ)あったけれど、2000(2000)(ねん)(まえ)イエス(いえす)(さま)(わたし)(ため)十字架(じゅうじか)にかかって()(なが)してくださった、それがどうしても解らなくて(わか      )(つみ)について考えたり(かんが      )(なや)んだりしたこともあります。そしてあるとき先生(せんせい)に「(わたし)子供(こども)のころに田んぼ(た   )土手(どて)にあった(かき)()友達(ともだち)()って()べたりしたけれど、それも(つみ)ですか?」と()くと、「(つみ)ですね。その(かき)はあなたのものではないですよね。それは泥棒(どろぼう)(おな)じでしょ。」と()われて。「んー、楽しい(たの   )思い出(おも  で)なんだけど。」と思いながら(おも       )も、お詫び(  わ  )お祈(  いの)りをしました。そんなふうで、なかなか(つみ)についてわからなかったです。
TK