イエスからのメッセージ

10月19日(土曜日)

防御の構えをやめて、わたしのもとに来なさい。

 

わたしの存在に満たされ、恵みを受けるために……。

 

緊張をほぐして、わたしに対して完全に心を開き、建前なしの本音で接する解放感を味わいなさい。

 

あなたには、隠すべきものも暴かなければならないこともない。あなたのことはもうすでにわたしが、何もかも知っているからだ。

 

あなたにとって、このような関係はほかにありえない。

 

その豊かさを味わう時間を取って、わたしの金色(こんじき)の光に浸りなさい。

 

アダムとエバの堕落の最悪の結果のひとつは、人間が自分と他人のあいだに入念な障壁を築き上げてしまったことだ。

 

この世界には、うわべだけとりつくろった見せかけが多い。わたしの身体である教会の中にさえ…‥。

 

時には教会は、人が自然にのびのびとふるまえる場所からもっともかけ離れていることがある。

 

人々は、日曜日用の“よそゆきの服と教会用の微笑とで装う。

 

偽りの親睦は緊張するので、教会を出るとほっとする。

 

この不自然な雰囲気を改善する最良の方法は、教会でわたしがともにいるのを常に意識することだ。

 

わたしと霊的にふれあうこと、わたしを礼拝すること、わたしの栄光をたたえることを、第一の目的としなさい。

 

そうすればあなたは、わたしの喜びをもって人々に微笑みかけ、わたしの愛によって彼らを愛することができるようになる。

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:

 

【新改訳2017

 

Ⅰヨハネ1:5

 

私たちがキリストから聞き、あなたがたに伝える使信は、神は光であり、神には闇が全くないということです。

 

Ⅰヨハネ1:6

 

もし私たちが、神と交わりがあると言いながら、闇の中を歩んでいるなら、私たちは偽りを言っているのであり、真理を行っていません。

 

Ⅰヨハネ1:7

 

もし私たちが、神が光の中におられるように、光の中を歩んでいるなら、互いに交わりを持ち、御子イエスの血がすべての罪から私たちをきよめてくださいます。

 

出エジプト33:14

 

主は言われた。 「わたしの臨在がともに行き、あなたを休ませる。 」

 

ピリピ4:8

 

最後に、兄弟たち。すべて真実なこと、すべて尊ぶべきこと、すべて正しいこと、すべて清いこと、すべて愛すべきこと、すべて評判の良いことに、また、何か徳とされることや称賛に値することがあれば、そのようなことに心を留めなさい。

 

ピリピ4:9

 

あなたがたが私から学んだこと、受けたこと、聞いたこと、見たことを行いなさい。そうすれば、平和の神があなたがたとともにいてくださいます。

 


サラ・ヤング 著   

                   佐藤 知津子 訳
                              
 いのちのことば社 出版