イエスからのメッセージ

11月3日(日曜日)

何かにあなたの計画や願いを邪魔されたら、そのたびにそれを、わたしと心をふれあうきっかけにしなさい。

 

このことを実践する利点はいくつもある。

 

ひとつめは明白だ―わたしと話すことであなたは恵みを受け、わたしとの絆が強くなる。

 

もうひとつの利点は、失望するようなことがあっても、あなたがそれで弱り切ってしまったりはせず、むしろ、良いことが起こるチャンスに変わることだ。

 

これによって困難な状況の辛さが和らぎ、逆境の最中(さなか)でも喜べるようになる。

 

これを実践するにはまず、日常生活でちょっとした失望を経験したときから始めてみよう。

 

あなたをわたしのもとから引き離すのは、多くの場合、こうしたささいな挫折なのだ。

 

‟挫折を‟チャンスに組み立て直すとき、あなたは失ったものよりずっと多くのものを得ることに気づく。

 

ただし、大きな損失をこうしたポジティブな形で受け入れられるようになるには、多くの実践を重ねなければならない。

 

といっても、使徒パウロの視点に立つことは可能だ。パウロはこう書いている―私は、キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさと比べて、これまで宝物のように思ってきたいっさいのことを塵芥(ちりあくた)と見なしています。

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

 

【新改訳2017

 

コロサイ 4:2

 

たゆみなく祈りなさい。感謝をもって祈りつつ、目を覚ましていなさい。

 

ピリピ3:7

 

しかし私は、自分にとって得であったこのようなすべてのものを、キリストのゆえに損と思うようになりました。

 

ピリピ3:8

 

それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、私はすべてを損と思っています。私はキリストのゆえにすべてを失いましたが、それらはちりあくただと考えています。それは、私がキリストを得て、

 


サラ・ヤング 著   

                   佐藤 知津子 訳
                              
 いのちのことば社 出版