イエスからのメッセージ

11月9日(土曜日)

わたしとともに静かに座って、不安や心配事があなたの意識の表面に、泡のように浮かび上がってくるままにしなさい。

 

そこに浮かんだ泡は、わたしの光を浴びて、パチンとはじけて消えていく。

 

ところが一番の不安は、何度も繰り返し浮かび上がってくる。とくに、将来に対する不安は…‥。

 

あなたはともすると、心の中で未来に身を置いてみようとする― 明日、来週、来月、来年、そして十年後の未来に‥‥。そして、その時々にうまく対処できない自分の姿を思い浮かべる。

 

あなたが見ているのは、偽りのイメージだ。なぜなら、そこにわたしが含まれていないのだから‥‥。

 

あなたが想像するそんな暗澹(あんたん)たる前途が実現することはない。わたしがいついかなるときも、ずっとあなたとともにいるからだ。

 

これから先のことをあれこれ考えて、心配事に襲撃されるときは、その心の中のイメージをわたしの光で覆って、それを捕獲し、武器を取り上げなさい。

 

そして自分自身にこう言うこと―‟イエスさまはこれからも、いつでもどこでもわたしとともにいてくださる。イエスさまの助けがあれば、わたしは立ち向かえる!

 

それから、今のこの時に戻って、わたしのもとで平安を満喫しなさい。

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

 

ルカ12:22

 

それからイエスは弟子たちに言われた。「ですから、わたしはあなたがたに言います。何を食べようかと、いのちのことで心配したり、何を着ようかと、からだのことで心配したりするのはやめなさい。

 

ルカ12:23

 

いのちは食べ物以上のもの、からだは着る物以上のものだからです。

 

ルカ12:24

 

烏のことをよく考えなさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず、納屋も倉もありません。それでも、神は養っていてくださいます。あなたがたには、その鳥よりも、どんなに大きな価値があることでしょう。

 

ルカ12:25

 

あなたがたのうちだれが、心配したからといって、少しでも自分のいのちを延ばすことができるでしょうか。

 

ルカ12:26

 

こんな小さなことさえできないのなら、なぜほかのことまで心配するのですか。

 

申命記31:6

 

強くあれ。雄々しくあれ。彼らを恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、【主】ご自身があなたとともに進まれるからだ。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。」

 

Ⅱコリント10:5

 

私たちは様々な議論と、神の知識に逆らって立つあらゆる高ぶりを打ち倒し、また、すべてのはかりごとを取り押さえて、キリストに服従させます。

 

 

 


サラ・ヤング 著   

                   佐藤 知津子 訳
                              
 いのちのことば社 出版