聖書日課「日々の祝福」



【新改訳2017】     マタイ 2816-20

 

「それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け…‥すべてのことを守るように‥‥教えなさい。見よ。わたしは…‥いつも、あなたがたとともにいます。」(1920節)

 

これはふつう、主イエスの大宣教命令として知られています。しかし内容は、単に伝道の命令というよりは、使徒の教育も含めた、教会形成の意味をもっています。主は、この働きの背景に一切の権威をもっている方として、弟子たちの「権威」を保証し、また、容易ならざる働きであることをご承知で、いつも彼らといることを約束してくださいました。

 

主は今も、いつでも、守り、教え励ましてくださいます。主は、復活後、約四十日たって昇天されました。今は、主はご自身の御霊によって働き続けておられ、世界人口の33%がキリスト者となっています。

 

主はすべての人が救われることを望まれ、救霊のわざを進めておられるのです。

 

~祈り~

 

主よ。あなたのお約束を感謝します。あなたが共にいてくださるのでなければ、私たちは世界宣教を全うすることはできません。共にいて、私たちを、教会を励ましてください。

 

【学びのために】

 

マルコ1615参照。

 


小助川(こすけがわ) (つぎ)

著書:日々の祝福

 いのちのことば社 出版