(わたし)両親(りょうしん)クリスチャン(くりすちゃん)で、(わたし)母親(ははおや)お腹( なか)(なか)にいる(とき)から教会(きょうかい)()っている、そのような家庭(かてい)生まれ育(う     そだ)ちました。教会(きょうかい)学校(がっこう)行き(い )神様(かみさま)(はなし)()く。それが当たり前(あ    まえ)(こと)だったので、(わたし)(なか)自然(しぜん)に、神様(かみさま)お一人( ひとり)でいらっしゃる、そして、神様(かみさま)(いや)がる(こと)(つみ)(こと)などを()どもながらに(かん)じていました。

 

 

小学校(しょうがっこう)四年生(よねんせい)(とき)、ある(おとこ)()父親(ちちおや)亡くなられました(な     )(わたし)はその(とき)学級(がっきゅう)委員(いいん)をしており、クラス(くらす)代表(だいひょう)担任(たんにん)先生(せんせい)一緒(いっしょ)お葬式(  そうしき)出席(しゅっせき)しました。お(ぼう)さんが(なに)()っている、それだけで()んだらよかったのですが、お焼香(しょうこう)がまわってきたのです。(ちか)づいてくる(たび)(むね)ドキドキ(どきどき)しました。神様(かみさま)以外(いがい)(ひと)拝む(おが )(こと)になるとわかっていたのに、断る( ことわ   )(こと)ができないので結局(けっきょく)お焼香(    しょうこう)をしました。(いえ)帰る(かえ   )自分(じぶん)部屋(へや)()き、そして、神様(かみさま)にごめんなさい、(わたし)神様(かみさま)以外(いがい)(おが)んでしまったと、これからはもうしませんと(ちか)いました。 

 

中学(ちゅうがく)二年生(にねんせい)(とき)部活(ぶかつ)コーチ(こーち)()くなり、(こう)(こう)二年生(にねんせい)(とき)友達(ともだち)父親(ちちおや)()くなられました。お通夜(つや)お葬式(   そうしき)出席(しゅっせき)する(たび)に「(わたし)(いえ)キリスト(きりすと)(きょう)なのでできない」(こと)(つた)えお焼香(しょうこう)などを回避(かいひ)する(こと)ができました。クリスチャン(くりすちゃん)になっていた専門(せんもん)学校(がっこう)一年生(いちねんせい)(とき)高校(こうこう)三年生(さんねんせい)同じ(おなじ)クラス(くらす)だった(おとこ)()とその(ちちおや)(やま)登り中(のぼりちゅう)滑落(かつらく)して()くなられてしまい、お通夜(つや)出席(しゅっせき)しました。(おな)じくお焼香(しょうこう)などがありましたが、「クリスチャン(くりすちゃん)なので()合わせる(あ   )(こと)ができなくてすみません、お(はな)(おく)りたいのですがいいですか。」と(つた)えたら快く(こころよ )受け入(う い)れて(くだ)さりました。(いま)(おも)うとなかなかの試練(しれん)でした。(おや)一緒(いっしょ)にではなく、自分(じぶん)だけでお通夜(つや)やお葬式(そうしき)出席(しゅっせき)する、とても不安(ふあん)でしたし恐怖(きょうふ)でしたが、神様(かみさま)(ちか)ったあの(とき)からすでに(まも)られていた、本当(ほんとう)感謝(かんしゃ)です。神様(かみさま)以外(いがい)(もの)(ひと)(おが)んではいけないという事にとてつもない(つみ)意識(いしき)をもっている(ほか)には、いとも簡単(かんたん)(つみ)(おか)せるむしろあまり真剣(しんけん)(つみ)をとらえていない自分(じぶん)もいました。

 

 

中学生(ちゅうがくせい)までは教会(きょうかい)()くのも当たり前(あ    まえ)でしたが、(おや)について()く、(おや)が、(うち)キリスト(きりすと)(きょう)だから日曜日(にちようび)教会(きょうかい)()くという感覚(かんかく)になってきました。高校生(こうこうせい)になるとアルバイト(あるばいと)遊び(あそ  )夢中(むちゅう)日曜日(にちようび)教会(きょうかい)()かなくなり、毎日(まいにち)今日(きょう)一日(いちにち)をどうやって楽しく(たの   )()ごそうかそればかり(かんが)える、勉強(べんきょう)もほとんどしない、学校(がっこう)遅刻(ちこく)当たり前(あ       まえ)、でも友達(ともだち)といる(とき)(たの)しくてただ学校(がっこう)(かよ)っている。高校(こうこう)三年生(さんねんせい)になる(とき)(はる)休み中(や     ちゅう)ある理由(りゆう)一ヵ月(いちかげつ)松葉(まつば)(づえ)生活(せいかつ)をしなくてはいけなくなりました。その期間(きかん)アルバイト(あるばいと)ができないので退屈(たいくつ)です。そんな(とき)教会(きょうかい)学生(がくせい)キャンプ(きゃんぷ)出席(しゅっせき)しないか()かれ、たまには()ってみようかなという(うえ)から()(せん)気持(きも)ちで出席(しゅっせき)しました。案の定(あん   じょう)、そのキャンプ(きゃんぷ)(わたし)にはすごくつまらなく(かん)じ、ある牧師(ぼくし)先生(せんせい)メッセージ(めっせーじ)にはとても(はら)()ちました。イエス(いえす)(さま)十字架(じゅうじか)(はなし)でした。(いま)までもさんざん()いてきた(はなし)なのに、その牧師(ぼくし)先生(せんせい)は「(わたし)たちがイエス(いえす)(さま)十字架(じゅうじか)につけたのです。」と(かた)ったのです。(なに)()っているんだこの(ひと)は、(わたし)には全く(まった  )関係(かんけい)ない、この時代(じだい)(ひと)がつけたのであって(わたし)はつけていない、と(ふんがい)しました。キャンプも()わり、松葉(まつば)(づえ)もとれ、(いま)まで通り(どお )楽しい(たの    )(せいかつ)。そんな(なか)家族(かぞく)(なか)変化(へんか)がありました。(ちち)(はは)東京(とうきょう)行って(いって)いた(あに)クリスチャン(くりすちゃん)でしたが、(あね)(わたし)(ちが)うという(こと)で、教会(きょうかい)(はなし)神様(かみさま)イエス(いえす)(さま)(はなし)などはほとんどしていなかったのに、(あね)洗礼(せんれい)受ける(う  )(こと)になったのです。それからの(いえ)(なか)はいつも神様(かみさま)(はなし)。はっきり()ってこんな居心地(いごこち)悪い(わる  )場所(ばしょ)はない、いつもイライラ(いらいら)するし、「(わたし)絶対(ぜったい)(しん)じない」と(こえ)荒げて(あら    )()ったり「死ぬ(し )(まえ)(しん)じればいいんでしょ」と言った(い  )(とき)もありました。(はは)は「いつ()ぬかわからない」と()いましたが、そんなのおかまいなしです。でも、(こころ)(なか)ザワザワ(ざわざわ)するのです。(わたし)以外(いがい)家族(かぞく)クリスチャン(くりすちゃん)になった。とても孤独感(こどくかん)(おぼ)え、そして、(わたし)だけ(てん)御国(みくに)()けないのだと恐怖(きょうふ)(おそ)われました。それまで(たの)しかったはずの日々(ひび)(こわ)くなっていったのです。

 

 

その(とし)(あき)特別(とくべつ)伝道(でんどう)集会(しゅうかい)教会(きょうかい)であり、その(とき)(わたし)もたまたま出席(しゅっせき)しました。メッセージ(めっせーじ)()きながら(わたし)()から(なみだ)溢れて(あふ  )()まりません。(いま)まで好き勝手(す かって)(こと)ばかりして歩んで(あゆ    )いた自分(じぶん)、でも(こころ)のどこかでは()たされていない(わたし)イエス(いえす)(さま)(かた)って下さった(くだ     )確信(かくしん)し、イエス(いえす)(さま)信じ(しんじ)受け入(う い)れお(いの)りしてもらいました。2003(2003)(ねん)6()(がつ)4()()洗礼(せんれい)受け(う )(わたし)生き方(い  かた)考え方(かんが かた)()わっていくと(おも)っていたのに、結局(けっきょく)()わらない、日曜日(にちようび)クリスチャン(くりすちゃん)()()(いま)までの生活(せいかつ)(おな)(あゆ)みをしていました。社会人(しゃかいじん)になりいろんな試練(しれん)辛い(つら  )経験(けいけん)もしましたが、その(とき)だけ神様(かみさま)(たよ)る、(あと)忘れて(わす  )感謝(かんしゃ)もしないで生活(せいかつ)するのが当たり前(あ  まえ)25(25)(さい)(じゅん)看護(かんご)学校(がっこう)通い出した(かよ   だ     )(わたし)、その在学中(ざいがくちゅう)(まわ)りの友達(ともだち)クリスチャン(くりすちゃん)同年代(どうねんだい)(ひと)結婚(けっこん)しだしていきました。周り(まわ )幸せ(しあわ   )()て、なんで(わたし)だけ(なに)()わらないのだろう。それからは教会(きょうかい)行く(いく)(こと)教会(きょうかい)(ため)奉仕(ほうし)する(こと)何もかも(なに      )(いや)喜んで(よろこ       )する(こと)(まった)くできなくなってしまい、そうすると不思議(ふしぎ)に、なんでクリスチャン(くりすちゃん)になったのだろうなどいろんな思い(おも   )()てきて、こんな人生(じんせい)になったのは(かみ)(さま)のせいだと、ある(よる)寝る(ね )(まえ)(いの)ったのです。そうしましたら、その()(ゆめ)(なか)大きな(おお   )(おお)きな(へび)()てきて、その(へび)(わたし)にめがけて()みつこうと()びかかってきました。あまりのリアルさ(りあるさ)恐怖(きょうふ)()()めると、呼吸(こきゅう)ができないのです。心臓(しんぞう)(みゃく)(はや)すぎて(わたし)はこのまま()んでしまうのだ、神様(かみさま)(いのち)をとられるのだと(おも)い、必死(ひっし)思い(おも   )(いの)りました。神様(かみさま)ごめんなさい、神様(かみさま)のせいにしましたが、(わたし)生き方(い かた)がだめでした。お(ゆる)しください。すると、(すこ)しずつ(みゃく)正常(せいじょう)になっていき呼吸(こきゅう)をする(こと)ができるようになりました。神様(かみさま)(いま)もなお()きて(はたら)いておられる(こと)実感(じっかん)し、自分(じぶん)(いま)までの生き方(い  かた)反省(はんせい)しました。28(28)(さい)、もう洗礼(せんれい)()けて10(10)(ねん)経過(けいか)していました。10(10)(ねん)()ってようやく毎日(まいにち)聖書(せいしょ)読み祈る(よみいの )習慣(しゅうかん)()つように、その時間(じかん)(たの)しくなる一方(いっぽう)自分(じぶん)罪深(つみふか)さを日々(ひび)(かん)じるのです。ある()(あね)とけんかをしました。その(とき)聖書(せいしょ)マタイ(またい)7()(しょう)3()(せつ)5()(せつ)()に。

 

 

イエス(いえす)(さま)語られた(かた       )箇所(かしょ)です。

 

なぜあなたは、兄弟(きょうだい)()(なか)のちりに()をつけるが、自分(じぶん)()(なか)(はり)には()がつかないのですか。兄弟(きょうだい)()かって、『あなたの()のちりを()らせてください。』などとどうして()うのですか。()なさい、自分(じぶん)()には(はり)があるではありませんか。偽善者(ぎぜんしゃ)たち。まず自分(じぶん)()から(はり)()りのけなさい。

 

 

 

 

 

 

 

結局(けっきょく)自分(じぶん)(ただ)しい、相手(あいて)間違(まちが)っていると責め立てる(せ た  )(わたし)()(はり)がある。本当(ほんとう)自分(じぶん)(じゅう)には(つみ)があって、まずそれを()りのけてもらう必要(ひつよう)がある。高校生(こうこうせい)(とき)学生(がくせい)キャンプ(きゃんぷ)聞いて(き  )(はら)立てた(た  )メッセー(めっせーじ)、「(わたし)たちがイエス(いえす)(さま)十字架(じゅうじか)につけたのです。」その言葉(ことば)意味(いみ)をやっと理解(りかい)した。(なみだ)がとまらなくて、本当(ほんとう)イエス(いえす)(さま)ごめんなさい。(わたし)イエス(いえす)(さま)十字架(じゅうじか)につけたのです。本当(ほんとう)(わたし)十字架(じゅうじか)につかなくてはいけないのに、(わたし)(つみ)(ため)イエス(いえす)(さま)身代(みが)わりになってくださったのです。

 

 

 

 

 

 

 

(しゅ)のあわれみによってやっと(れい)()()かれました。心から(こころ     )感謝(かんしゃ)します。(ちち)なる神様(かみさま)イエス(いえす)(さま)聖霊(せいれい)(さま)私たち(わたし      )(あい)するがゆえに御子(みこ)イエス(いえす)(さま)地上(ちじょう)送って(お  )(くだ)さった、(わたし)たちを(あい)するがゆえに十字架(じゅうじか)にかかって(くだ)さったイエス(いえす)(さま)、それを長い間(なが あいだ)忍耐(にんたい)をもって(かた)続けて(つづ    )下さった(くだ     )聖霊(せいれい)(さま)心から(こころ     )感謝(かんしゃ)します。

 

十字架(じゅうじか)意味(いみ)(しゅ)(あい)()り、悔い改(く    あらた)めて歩み(あゆ )進める(すす    )(なか)(いま)まで自分(じぶん)(ちから)(おも)いで判断(はんだん)生きて(い  )きた(ため)に、まだまだ神様(かみさま)第一(だいいち)にできない自分(じぶん)がある(こと)気付き始(きづ   はじ)めました。

 

 

 

 

 

 

 

ローマ人(ろーまじん)への手紙(てがみ)7()(しょう)18(18)(せつ)20(20)(せつ)24(24)(せつ)

 

 

 

 (わたし)には(ぜん)をしたいという(ねが)いがいつもあるのに、それを実行(じっこう)することがないからです。(わたし)は、自分(じぶん)でしたいと思う(おも  )(ぜん)(おこ)なわないで、かえって、したくない(あく)(おこ)なっています。もし(わたし)自分(じぶん)でしたくないことをしているのであれば、それを(おこ)なっているのは、もはや(わたし)ではなくて、(わたし)のうちに住む()(つみ)です。

 

 

 

 

 

 

 

(わたし)は、ほんとうにみじめな(にんげん)です。

 

 

 

 

 

 

 

どうしたらここから解放(かいほう)されるのだろうか。

 

 

 

 岩国(いわくに)教会(きょうかい)で、私たち(わたし     )(つみ)根っこ(ね  )取り除(と    のぞ)いてもらう必要(ひつよう)がある。(つみ)をおかしごめんなさいと(あやま)繰り返(く    かえ)しではなく、きよめられて、(つみ)(にく)み、(つみ)打ち勝(う か)必要(ひつよう)がある(こと)(おし)えられました。(わたし)(こと)だと、(わたし)(もと)めていた(こた)えだと(おも)い、祈って(いの   )(いただ)きました。きよめられたのがわかりました。

 

 

 

 コリント人(こりんとじん)への手紙(てがみ) (だい)() 5()(しょう)17(17)(せつ)

 

 

 

 古い(ふるい)ものは過ぎ去(す さ)って、()よ、すべてが(あたら)しくなりました。

 

 

 

 神様(かみさま)感謝(かんしゃ)します。それからの日々(ひび)はいつも(たたか)いがあります。(とき)(わたし)はきよめられていないのではないかと思う(おも  )(こと)があったり、(わたし)(なか)できよめられたら、悪い(わるい)考え(かんが  )(おも)いまで全て(すべ  )取り去(と  さ)られると(おも)っていた部分(ぶぶん)がありましたが、そうではなくて、その思い(おも   )がきた(とき)(しゅ)により(たの)む、(しゅ)にすがる、(しゅ)第一(だいいち)とする。いろんな(かた)祈って(いの   )(いただ)いて、(つみ)をおかさないですむように(しゅ)助けて(たす     )(いただ)く。人間(にんげん)には絶対(ぜったい)という言葉(ことば)はありません。(わたし)はとても弱い(よわ  )人間(にんげん)です。日々(ひび)(しゅ)(たす)けがなければ、すぐに(もと)自分(じぶん)になりかねない。ですが、(しゅ)絶対(ぜったい)です。(しゅ)信頼(しんらい)して歩んで(あゆ   )いけば絶対(ぜったい)大丈夫(だいじょうぶ)といえる。(いま)もこれからもずっと()(はな)さないで、(よわ)いからこそ(しゅ)にすがって(あゆ)(つづ)けます。

 

 

 

洗礼(せんれい)受けて(う   )15(15)(ねん)()ちますが、本当(ほんとう)意味(いみ)クリスチャン(くりすちゃん)となった歩み(あゆ   )5()(ねん)です。(ちち)(はは)(いの)り、兄弟(きょうだい)姉妹(しまい)(いの)りに感謝(かんしゃ)しつつ、何より(なに    )(わたし)見捨てないで(みす     )覚えて(おぼ      )(くだ)さる三位(さんみ)一体(いったい)なる(しゅ)感謝(かんしゃ)します。アーメン

 

 

 

M.I.